キッチンリフォーム

リフォーム

キッチンリフォーム

キッチンリフォームの注意点

キッチンリフォームは、今あるキッチンを取り替えるリフォームと間取りなどを変更したり、床まで張り替えるような大規模なリフォームといったものまでさまざまあります。
一戸建ての場合、比較的自由なリフォームが可能ですが、給湯器や換気設備の排気口の位置、窓のとり方などで隣家に対する配慮が必要となることがあります。
マンションの場合は、共有部分はリフォームすることはできなく、管理規約に従う必要があり、特に注意したいのがガス管や水道管との関係で、キッチンの場所を大きく動かすことが難しくなります。


一戸建てであれば増築という手段もあるのですが、マンションだと全体のスペースは変わらないので、むしろキッチン部分は従来の配管プランを生かして、それに対して部屋のレイアウト変更を検討した方が良いでしょう。
このことは浴室や洗面所といったすべての水周り部分についても同じになります。

システムキッチンとは

システムキッチンとは昔はバラバラだったガス台、流し台、調理台を一体化し、天板と呼ばれるカウンターを乗せ、水や汁をこぼしても隙間に落ちて腐らないキッチンのことで、基本的に臭わないというのが特徴です。
もちろんデザインもすっきりし、扉も家具のように豪華になっています。
機能的には食器洗い洗浄器をつけたり、またガスコンロではなく電気式のIHヒーターをつけたりすることもできるのです。
多くのメーカーがあるので、ショールームなどで実物を見ることが一番なのです。

 

お風呂のリフォーム

リフォーム画像8

お風呂のリフォームでシステムバスがあり、浴槽、床、壁、天井がセットになった既製品で、軽量で断水性・保温性に優れ、工事現場で組み立てて工事するので工期も3日ぐらいででき、いろんなメーカーから多くの種類が販売されています。
タイル張りの在来工法は、その家にあわせた工事が可能ですが、工期が3週間ぐらいになり、リフォーム費用も高くなります。
システムバスは規格品のため、スペースに合わないと使用することができない場合もあるので、営業担当者などに相談するようにしてください。
最近ではシステムバスでもサイズフリーの商品が出てきているので、そういったものを使用するのも良いと思われます。
長所は断水性た保温性に優れていて、それ以外に掃除がやり易いことが主婦には魅力的です。
壁などにカビが付き難く、またカビが付いてもカビキラーなどを使用しなくても簡単に取ることができるのです。

 

トイレのリフォーム

最近、トイレに入っていて楽しみたいという人が増えてきており、トイレの便器自体の工夫ではなく、出窓式で空間を広くしてたり、窓から光を取り入れたりとさまざまな工夫を行っているみたいです。
床もビニールシートやタイル張りではなく、フローリングしてみつと面白いと思われます。 また、トイレットペーパーや掃除道具などの収納なども考えてみるのも面白いでしょう。
トイレ室に対する不満で一番多いのがトイレ質の狭いっていうのが多く、それを解消するためにタンクが付いていないトイレなどがありスペースを確保するっていうやり方もあるみたいです。
最近では住器や建材メーカーなどが業務提携して、トイレリフォームパックという商品もあり、システムトイレ室のようなものでトイレ本体はTOTOの製品で天井や壁、床などは大建工業、窓はYKK APと各メーカーが得意分野を生かしてトータルデザインされた商品があるみたいです。
リフォームの際はそういったものも検討してみると良いでしょう。

 

おすすめWEBサイト 5選

高級賃貸 東京
http://ja.apartment-japan.tokyo/

最終更新日:2014/12/17

Copyright (C) 2008 リフォームのあれこれ. All Rights Reserved.

キッチンリフォーム

洗面化粧台のリフォーム

リフォーム価格

クレームや不満

シックハウスについて

お問い合わせ